【書評】『サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい』 by 三戸政和

カンホンです。

三戸政和さんの『サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい』という本を読了しました。

本書はサラリーマンでありながら起業を目指す方々にとって、非常に参考になる本です。

起業というと何か素晴らしいアイデアを持っていたり、大きな資金が要るイメージがありますが、本書が提唱する考えはそのどちらも必要ありません。

特に大企業勤めのサラリーマンであれば、出世をしていない平凡社員でも再現性・成功性の高い方法となり得ます。

また今回は関連して個人M&Aでの起業に関するシェアもするので、起業や独立に少しでも興味のある方は是非本記事をご覧ください。

こんな人向けの記事
  • いい加減社畜を辞めて自由になりたいサラリーマン
  • 起業・独立に興味はあるが、何をしたらいいかわからない
  • なるべくリスク低く、スモールスタートで起業・独立を目指したい

 

『サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい』の概要

本書が勧める起業の方法は、ズバリ「個人M&A」です。

「あちら側の人間」になるためには起業という選択肢しかなく、それには〝ゼロイチ〟で事業をおこす必要がありました。

しかし、いまや、ゼロから会社を作る必要はありません。

一般の人でも、すでにある程度の仕組みが回っている会社を買うことができる、つまり、「 個人M&A」が可能な環境が整ってきているからです。

イチから起業をするのではなく、すでにある程度回っている事業や会社を買収し、そこに自らが経営者としてテコ入れをしていきます

日本では中小企業の経営者の多くが高齢化により後継者を探している状況にあり、普通の人でもやる気さえあれば十分に経営を担うチャンスがあります

しかも、もしあなたが大企業の出身であれば、成功する可能性は大いに高まります。

それは、大企業で普通に行われているオペレーションや仕組みが、中小企業の多くでは全く普通ではないから、とのことです。

何もないところから事業を作り出すことは並大抵のことではなく、それこそアイデアとお金と実行力、それに加えて間違いなく運も必要です。

しかし、既に稼働している事業を買収し、自分が会社員として培ったノウハウが役に立つのであれば、ハードルはずっと低く感じるのではないでしょうか。

しかも中小企業の買収であれば、それが数十万〜数百万という、金銭的にも少し頑張れば手の届く範囲で実現ができるのです。

 

実際に会社を買って起業した友人の話

本書を読み終えた私は、後述する「TRANBI」という個人M&Aのプラットフォームで案件の調査から始めました。

そんな時、まさにこの個人M&Aで最近起業した高校生時代の友人とたまたま再会することになり、詳細な話を聞くことができました。

彼は元々大企業に勤めていましたが、並行して個人M&Aした事業の経営を行い、そちらの事業が軌道に乗ってきたため会社を辞めたとのことでした。

彼は現在マッサージ店と飲み屋を何店舗か持っており、とても儲かっているようで、非常に楽しそうに毎日生活しています

(話を聞いていると、まじで羨ましいです....。)

彼からシェアされて共感した考え方は以下です。

  •  借りれる金は借りる
  •  会社員を辞めてから起業しない(お金が借りれなくなる+心の安定のため)
  •  失敗しても最悪実家に戻って力をためて、また会社員をやればいい

もちろんリスクは最低限にコントロールしながらも、バックアッププランも考えた上で行動すれば、仮に失敗したとしても死ぬほどのダメージは受けません。

彼は正直そこまで頭がキレるタイプではないのですが、上記のようなことを念頭に置きながらもリスクを取れる決断力・行動力がありました。

自分がやろうとしていたこと・考えていることを実際に行動に移している人を見て火がついたので、自分も必ず個人M&Aを実現をさせます。

 

おすすめの個人M&Aプラットフォーム「TRANBI」

改めてTRANBIですが、「会社や事業を譲りたい方と引き継ぎたい方をインターネット上でマッチングする」日本最大級のM&Aプラットフォームです。

私はまだ成約には至っていませんが、TRANBIにて売却価格250万円以下の案件でいくつか直接オーナーに話を聞き、確実に前に進んでいます。

TRANBIでは、会社規模や個人/法人の制約もなく利用でき、数億円以上の企業のM&Aから、数十万円程度のウェブサイトの事業売買など案件は多岐です。

毎日新しく出てくる案件を眺めているだけでも勉強になりますし、気になる案件のオーナーさんに直接お話しをさせてもらうとさらに学びがあります。

少額のコストで起業家への入口に立てるとても素晴らしいサービスなので、興味のある方は是非登録をしてみてください。

 

まとめ

今回は三戸政和さんの『サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい』と、個人M&Aでの起業に関するシェアでした。

起業というと途轍もなくハードルの高いものに聞こえますが、本書を読めば、それが普通のサラリーマンでも十分に実現可能なものであることがわかります。

万一思っていたように上手くいかなかったとしても、それは自身の貴重な経験として残ります。

もしサラリーマンに戻るとしても、以前より遥かに高い視座を持ち、周囲より確実にレベルの高い仕事ができるはずです。

そんな新しい視点や考え、ワクワクを与えてくれる素晴らしい本なので、興味を持たれた方は是非この機会にお試しください。