【時短筋トレ】スクワット100kg×100回をどれだけ早くできるか挑戦

私はトレーニングについて、可能な限り短時間で追い込むことをテーマとして継続しています。

先日スクワット100kg超を100回どれだけ早くできるかやってみたところ今回かなりいい感触を得たので、今回シェアしたいと思います。

日々忙しいサラリーマンの方で、短い時間で筋トレをガツっと効率的にやりたい方には特におすすめです。

こんな人向けの記事
  • トレーニングが趣味の日々仕事で忙しいサラリーマン
  • 短時間のトレーニングで最大限追い込みたい
  • とにかくスクワットが好き

 

「スクワット100回・できるだけ早く」に挑戦した経緯

ここ最近はしばらく仕事で忙しい日々が続き、なかなかじっくりとトレーニングの時間が取れずにいました。

これはサラリーマンにとっては共通の悩みかと思います。

現在は仕事の優先度を第一にしており、

  1. 朝早くから仕事
  2. 夜トレーニング
  3. 6時間睡眠

という日々の中でどうしても1, 3が優先されるため、2のトレーニングをどう効率的に行うかが最重要課題になっていました。

具体的に言うと、以下のような悩みがありました。

  • どうしても十分なインターバルをとり一回一回集中して行うことにフォーカスをしてしまいがち。
  • しかし1時間くらいはあっという間に過ぎてしまい、追い込みが不十分になることが多々。
  • 有酸素運動で心肺機能を高める時間も確保したく、思った通りに全てがこなせない状況。

私の中ではトレーニングを2つ目の仕事と位置付け、人生の中でもかなり重要視しています。

なので、なんとか限られた時間の中でトレーニングの質を確保できるやり方を模索する必要がありました。

そこで結果的に思いついたのが、

「休憩を限りなく減らし、回数の多いスクワットをどれだけ早く終わらせられるか追求する」

という方法で、直感的にビビッと来たので実行してみることにしました。

 

「スクワット100kg×100回チャレンジ」をやってみた

スクワットキング・オブ・エクササイズと言われるほど効果の高い運動です。

正しく行うことでボディシェイプや運動能力に劇的な変化をもたらすことができます。

一方、本当に、泣きそうになるくらいキツイです。

私はそれまで、スクワットを通常5~10回×3~5セットくらい・割と重めの重量で行うのがルーティンでした。

が、間の休憩時間も確保が必要でウォームアップも含めると結果的には30分近くかかってしまうことありました。

一方、今回は、ほどほどの重さのスクワット100回を限界まで早く終わらせることに決めて実施しています。

改めて、私が行なった「スクワット100kg×100回チャンレンジ」(と、勝手に命名)のルールは以下の通りです。

(自分が大体100kgの重さをチョイスしただけなので、100kgでなくてももちろんOKです!)

  • フレッシュな状態で連続で15~20回できる重さを選ぶ(MAX60%くらい)
  • 休憩を最小限にし、100回をできるだけ早く終わらす
  • ベルトはなしで自分の体幹で支えること

私の2019年3月現在のスクワットの一回のMAXは160~165kgでしたが、筋持久力に不安があったのでこのトレーニングを行うことは一石二鳥でした。

私が選んだ重さは105kg(MAXの60%ちょっと)です。

途中でキツ過ぎて本気でやめようかと思ったものの、なんとか最後までやりきり、初回の記録としては15分45秒でした。

息が整わず心拍数が高い中で強度の高い運動を続けていたため、最後終わった直後は大きくよろめきました。

 

「スクワット100kg×100回チャレンジ」の結果:めちゃキツイけどおすすめ

このトレーニングを実施した後3日くらいは強烈な筋肉痛が下半身を襲い歩くのも困難な状況でした・・・。

しかし、15分以内で終わるという高い効率性からその後も継続することにし、2回目ではタイムを14分27秒に縮めることができました。

※2019年3月28日12分43秒に更新!

やり始めたのを途中で後悔するほどキツイトレーニングですが、

  • トレーニングを一回30分以内で完了できる
  • パワー&筋持久力が鍛えられる
  • 何より精神力が鍛えられる

等々、これまでに感じている効果は抜群で、今では終わったあとにもはや爽快な気持ちになります。

また、

ジムでおしゃべりしながらダラダラ1時間を過ごしている人たちの何倍ものトレーニング効率を得ている

と、自己満足に浸ることもできます。

ちなみに言わずもがなかとは思いますが、スクワット100回をやったらプロテイン等でちゃんと栄養を取りましょう。

特にスーパーなサプリメントを取る必要はなく、コスパのいいホエイプロテインでいいです。

筋トレ初心者にもおすすめのコスパ抜群ホエイプロテインを3つ紹介

翌日確実にお尻に激痛が走るので、その痛みを無駄にしないよう栄養をガブガブ入れてあげてください。

 

次のステップ:デッドリフト100回チャレンジあたりをやってみる

とりあえず早く100回」は他のトレーニングにも応用できそうなので、次はデッドリフトあたりでやってみようかと思います。

とりあえずスクワットとデッドリフトさえ続けていれば身体はどんどん強くなっていくというのは、自分は身を持って体験しています。

時間が限られていて、何をやるべきかに困ったらスクワット&デッドリフトの組み合わせ一択です。

【体験談】デッドリフトを週2回2年以上継続、200kg超に到達した話

時間がない時ほどトレーニング効率は高まるものだと思うので、仕事で忙しいことは逆にチャンスだと思っています。

日々のトレーニング時間の中にまだまだ取り除くべき無駄はあるので、限られた中で最大効果の得られる方法を引き続き模索していきます。

 

まとめ

「時間がなくトレーニングができない」は、最早言い訳でしかないと思っています。

一日たったの30分さえ捻出できれば効果の出るトレーニングを行うことは十分可能です。

もしいいトレーニングのアイデアが思い浮かばないようであれば、今回の「スクワットを100回できるだけ早く」に是非挑戦してみてください。

とてもシンプルで、地獄を見ることができるので非常におすすめです。

また、本当にキツイトレーニングの辛さに比べたらその他の人生で起こる大抵のことは大した問題ではなくなります。

人生全体における幸福度を上げるためにも、「スクワット100回・出来るだけ早く」は非常に効果的かと思います。