【何度でも戻ってきたい】アメリカのクリスマスシーズン体験記録

私は今会社の休みを利用してシアトルに滞在していますが、シアトルでは夏と並びクリスマスシーズンが私が一年で一番好きな季節で、今回この時期を狙って戻ってきたと言っても過言ではありません。

日本では主にカップルのお祭りと捉えられがちなクリスマスはアメリカではあらゆる世代の人々にとって大事な年間行事で、その雰囲気は現地でしか味わえないものがあるので一見の価値ありです。

こんな人向けの記事
  • アメリカのクリスマスの様子が知りたい
  • アメリカ・シアトルへの旅行を検討している
  • クリスマスに興味はないと思っている

 

アメリカ・シアトルのクリスマス

ハロウィンが終わり、11月からアメリカではホリデーシーズンのムードが一気に高まります

Thanksgiving Day(感謝祭)という祝日が11月の第4週の木曜日にありますが、その後クリスマスに向かうこのシーズンではシアトルの街並みも一気にクリスマスモードになります。

2014年から2016年まで私はこの街でクリスマスの期間を過ごしましたが、人々の高揚感や暖かな雰囲気は日本では感じられないものがありました(写真は2014年末にシアトルのダウンタウンにあるウェストレイクセンターの前で撮ったもので、当時初めてアメリカ・シアトルの地に降り立ちクリスマスシーズンを体験した時の感動は今でも覚えています)。

私は2016年のクリスマス当日はカリフォルニアで過ごしたのですが、暖かい気温の中のクリスマスは何だか変な感じで、クリスマスは寒い中で暖かいコーヒーをフーフーさせて飲むに限ると思いました。

ただ東海岸のように吹雪くほど寒すぎても困るので、耐えられないほど寒くもならないことはシアトルで過ごすクリスマスがベストだと思う一つの理由でもあります。

上の写真はシアトルから少し東に言ったところにあるベルビューという街のダウンタウンで、街道にはイルミネーションが続いており非常に綺麗でした。

ベルビューでは大きなショッピングモールや映画館などの娯楽施設があり、この時期には若者や家族客で特に賑わっています。

この時期にもマイクロソフトのレドモンド本社に遊びに行ったことがあるのですが、クリスマスシーズンだからかリアルトナカイもいてビックりしました(近くで見ると結構大きかったです)。

マイクロソフト本社では夏とはまた違った違った雰囲気を感じられたので、この期間に観光に行くことも案外おすすめかもしれません。

【シアトル観光】マイクロソフト&ゲイツ財団は穴場でかなりおすすめ

 

家族と過ごすクリスマス

日本ではクリスマスと言うとカップルのためのものというイメージが強く、クリスマスに彼氏 or 彼女がいないと人生終わり的な話を至る所で聞きます(そこまでじゃないか)。

一方アメリカでは年末の大切な家族行事の側面が強いため、日本のように皆が変に焦ったり、見栄をはったりすることもなく楽で良いです笑。

もちろん若者はクリスマスにデートという考えもありますが、どちらかと言うと自分のパートナーを家族の集まりに連れてきたりする方が結構あるパターンかと思います。

私の住んでいたホームステイ先でもそんな感じで、家族とその大切な人たちを連れてきて皆でクリスマスを祝うようなことが多かったです(残念ながら私はその当時連れてこれる人がいませんでしたが!)。

写真は昔一緒に住んでいたコロンビア人のハウスメイトで、彼の誕生日がクリスマスイブだったため、アバクロで買ったクリスマスTシャツをプレゼントしたところとても喜んでくれたのは昨日のことのように覚えています。

彼やホストファミリーと一緒に過ごしたクリスマスは、私のかけがえのない思い出になっています。

 

Hallmarkチャネルで心温まるクリスマス

アメリカのテレビチャネルのHallmarkでは毎年このシーズンになるとホリデーにちなんだラブストーリーを放送しており、これ見るのが毎年私の大きな楽しみの一つでした。

参考 Holiday & Romance Movies, TV Series & VideosHallmark Channel

これをアメリカ人の友達に言うと必ずcornyやらcheesyやら言われますが、夜夕飯を食べた後にソファに寝そべりながらHallmarkを見るのが私の至福の時でした。

今回の滞在でも心温まるHallmarkのストーリーを見て、「あ〜今年もクリスマスが来た」としみじみ感じています。

ちなみにアメリカのテレビ番組をひたすら見ていたおかげで私の英語力が伸びたことは間違いありませんが、Hallmarkもそれに大きな貢献をしてくれたことは確実に言えます(主にロマンスに使えるワードを色々習得させていただきました笑)。

アメリカ生活でハマったおすすめテレビ番組ベスト3【英語学習にも】

 

まとめ

来年も再来年も、何度でも、アメリカに戻ってきてまたこのクリスマスシーズンの感覚を味わいたいと思っています。

もちろん日本でもイルミネーションが綺麗なスポットは沢山ありますし、街ではクリスマスソングが流れているので十分に雰囲気を味わうことができますが、やはり文化としてクリスマスを持っている現地の人々から滲み出るものは私たちでは再現できません。

もう少しでここをまた離れると思うとかなり残念な気持ちにもなりますが、将来いつかチャンスを得てアメリカに戻って来るために、また日本でフルパワーで頑張っていこうと思います。

皆さんももしチャンスがあれば是非このシーズンにアメリカを訪れてみてください。