【英語多読|書評】『Nothing Lasts Forever』 by シドニー・シェルダン

今回はシドニー・シェルダンの『Nothing Lasts Forever』の書評です。

ページ分量はそこまでなく比較的軽い作品ですが、内容はかなり面白かったです

シドニー・シェルダンの中でも特に初心者向けとしておすすめできる一冊かと思いました。

こんな人向けの記事
  • 英語の多読にお勧めの教材を探している
  • シドニー・シェルダンの作品に興味がある
  • 生きた英語を楽しく勉強したい

 

『Nothing Lasts Forever』の概要

Three young doctors-their hopes, their dreams, their unexpected desires...

Dr. Paige Taylor: She swore it was euthanasia, but when Paige inherited a million dollars from a patient, the D.A. called it murder.

Dr. Kat Hunter: She vowed never to let another man too close again-until she accepted the challenge of a deadly bet.

Dr. Honey Taft: To make it in medicine, she knew she'd need something more than the brains God gave her.

Racing from the life-and-death decisions of a big major hospital to the tension-packed fireworks of a murder trial, Nothing Lasts Forever lays bare the ambitions and fears of healers and killers, lovers and betrayers.

And proves once again that no reader can outguess Sidney Sheldon, the master of the unexpected.

サンフランシスコの州立病院で出会った3人の女性医師を巡るストーリー。

全くタイプの異なる彼女たちそれぞれの物語が展開されます。

読み終えてから知ったのですが、結構昔の中谷美紀さんの『女医 NOTHING LASTS FOREVER』というドラマの原作だったようです...!

参考 女医 (テレビドラマ)Wikipedia

 

『Nothing Lasts Forever』の英語多読おすすめ度

『Nothing Lasts Forever』の評価
英語の難易度
(3.5)
話の面白さ
(4.5)
背景知識からの学び
(4.5)
総合評価
(4.5)

医療の現場がメインに描写されるので専門用語等も多々でしたが、そこは無視しても十分面白さを感じられる作品でした。

展開はいつものお決まりシドニー・シェルダン調で、「そろそろ飽きるんじゃなかろうか...」と思いつつもやはり最後まで楽しめてしまいます。

他の作品にあるような意外な黒幕が現れるような結末はありませんが、一応ハッピーエンドで終わるので読了後はスッキリでした。

(悲しい出来事もあり、100%ハッピーではないのですが、、、)

分量は彼の作品の中でも比較的少なめで、医療系の用語を除いては難しい単語や表現もそこまでないので、多読初心者には特におすすめできます。

 

ピックアップ表現

以下『Nothing Lasts Forever』に出てくる表現で気になったもの・自分が実際に使いたいと思うものを取り上げます。

Kat said, imitating his voice, “Nurses, eh?” She snorted. “Male chauvinist. Well, let’s pick out our bedrooms.”

chauvinistは「狂信的愛国主義者」「極端な排他主義者」という意味です。

male chauvinistで「男性優越主義者」という意味になります。

“There are wonderful worlds in there,” she told the young girl. “Read, and you’ll learn where you came from and where you’re going. I’ve got a feeling that you’re going to be famous one day, baby. But you have to get an education first. This is America. You can become anybody you want to be.

2016年のディズニー映画Zootopiaを思い出す一説でした。

人がこんな考えを口にできるのがアメリカの国としての強さだと思いますし、自分がアメリカの空気を吸うのが好きな理由でもあります。

One Friday night, there was a school prom. Honey had no intention of going, but her father said, “You know, I’m concerned. Your sisters tell me that you’re a wallflower, and that you’re not going to the prom because you can’t get a date.”

wallflowerとは直訳すると「壁の花」→「パーティーで誰にも相手にされずに独りで壁際にいる人」「仲間外れ」といった意味になります。

“Mr. Dinetto. He really saved my life.” Kat had no idea what he was talking about. “Mike …” “You know the fellows I owed money to? Mr. Dinetto got them off my back. He’s a real gentleman. And he thinks the world of you, Kat.”

thinks the world of ~で、「高く評価する」「大好きである」という意味です。

“I’ve never been in love before, Kat. I’ve known a lot of women, but never felt anything like this. I haven’t been able to stop thinking about you.” He took a shaky breath. “I want to marry you.” Kat’s mind was spinning. Everything was being turned topsy-turvy. “I … I don’t know what to …”

topsy-turvyは、「滅茶苦茶」「支離滅裂」といった意味で、韻を踏んだ英語表現のようです。

参考 英語のボキャブラリーを増やそう!おもしろい英単語ペアEnglish Live

上級者の方はこういった単語も身につけていくと、ネイティブに「おっ」と思われるようになるかもしれません。

“Where do you want these?” the driver asked. “Just set them down there.” Foster pointed to a corner. “Right.” The driver put the bags down and pulled out a form. “I need your John Hancock.” “Okay.” Foster signed the form. “Thanks.” “No sweat.” The driver left.

John Hancockは「自筆署名」「サイン」の意味です。

アメリカ独立宣言書に記入された署名の中でJohn Hancockのものが一番大きく目立ったため、その名前がサインの代名詞になったそうです。

 

まとめ

今回は『Nothing Lasts Forever』のレビューでした。

医療系の専門用語以外は、わからない単語があっても意味を取るのに恐らくそこまで苦労しません。

大部分に平易な英語を使っているにも関わらず、表現豊かな描写で人々を楽しませてくれる彼の作品は本当に偉大だと思います。

一方、私はTOEICが950点を超えていますが、それでもまだまだ学ぶことがあると思わせてくれるのもシェルダンの作品を読む理由です。

英語初中級者には特におすすめできますが、上級者まで幅広く楽しめる作品でもありますので、興味があればどなたも是非挑戦してみてください。